赤外線撮影によるタイムラプス

注)上の映像は画質を落としています、高画質・ウォーターマーク無しでの視聴や使用をご希望の方は下のテキストリンクからご購入頂けます

前半はこちら→ 動画素材【PIXTA】

中間はこちら→ 動画素材【PIXTA】

後半はこちら→ 動画素材【PIXTA】

 

今回は赤外線撮影によるタイムラプス映像

3ヶ所で撮影したものを組み合わせています

映像の前半は香川県高松市市街地と瀬戸内海を撮影

中間では同県高松市公渕公園の公渕池

後半では同県さぬき市大串公園から瀬戸内海と小豆島を撮影しています

 

赤外線撮影で通常のモノクロ写真とは違う写り方で葉は雪が積もったように白く写り、普段の景色が幻想的にも見えます

 

撮影ではPENTAX-K50とフジフィルムIR76を使用しています

カメラは改造なしで特に特殊なものは使用していません

低価格で赤外線撮影できていますが撮影時のピント調整や撮影時間の長さ、ブレ対策など気をつかう点が多く更に撮影後のレタッチに時間と手間をかけて仕上げる必要があります